3D曲面プリント、特殊印刷でオリジナル製品を作成。埼玉県草加市の印刷会社エクセル・タム

印刷方式

インクジェット昇華転写

大型幕から小物までさまざまなものが作れます
分散染料インク(昇華インク)を搭載した高画質インクジェットプリンタで 専用紙(転写紙)にプリントし、熱転写機によって転写紙にのったインクを気化させ、 素材(主にポリエステル)にインクのみを浸透させ転写プリントします。 最新型大型プリンターを複数台所有しているので、大量物件も余裕でご対応できます。 印刷から最終縫製加工まで自社内制作で超特急で製品を仕上げます。
インクジェット昇華転写

インクジェット昇華転写とは

転写紙へプリントしたインクを、「熱」と「圧力」で、ポリエステル層へ染色する技術です。

インクジェット昇華転写とは

昇華転写の特徴

色数の制限がありません→グラデーションもOK、高発色・高品質。

インクジェット出力なので、製版無し→1枚、1個から注文可能。

素材へ染色する為、落ちません→水や雨に強く、屋外でも使用できます。

ポリエステル受理層があれば、印刷可能→布・鉄・木・陶器等。

制作例

のぼり・横断幕・フラッグ・タペストリー・本格仕立てのれん・クッションカバー・枕カバー・大型バナー・両面印刷フラッグ・ロールスクリーン・Tシャツ・マグカップ・湯のみ・その他小物・タイルカーペット・パンチカーペットなど

制作例

昇華転写/片面印刷

通常の印刷方法。
・布に対して片面のみ印刷する。
・基本的にインクの裏抜けはしない。

メリット

安価にてシャープな印刷が可能。

デメリット

裏抜けしない為、裏面は白い仕上がり。 (多少透けて見える物もある)

昇華転写/片面印刷

昇華転写/両面印刷

布の両面へ転写。
・裏表正像にて印刷ができる。
・遮光布限定の印刷方法。

メリット

裏表正像にて印刷ができる。

デメリット

表裏に多少の印刷ズレが発生する事がある。片面印刷に比べると価格が高くなる。

昇華転写/両面印刷

昇華転写/両面染め抜き印刷

布の両面へ転写。
・裏面は鏡面を転写。
・擬似的に染め抜きに見せる。

メリット

表裏共に発色が良い。濃度差もほぼ無い。職人の手染め捺染よりも安価に製作可能。。

デメリット

表裏に多少の印刷ズレが発生する事がある。片面印刷に比べると価格が高くなる。

昇華転写/両面染め抜き印刷

プリント方式一覧

P-1~P-5は昇華転写出力

設備のご紹介

昇華転写専用大型インクジェットプリンター 8台

大量物件も余裕にご対応。
4台は同一機種なので大量物件も複数台で安定した色再現にて短納期で制作できます。
多機種(メーカー)の最新機種を設備しているので機械性能、インク性能のノウハウも保有しています。
標準1800mm巾対応(最大巾 メディア限定特注にて2500mm巾にもご対応します!)

昇華転写専用大型インクジェットプリンター 8台

輪転式転写機 2台

繊維の本場 イタリアのトップメーカー モンティアントニオ社 最高級輪転式熱ドラム転写機採用。
真空オイルヒーターによる熱ムラのない安定した転写が可能。色のブレなどを極力抑え安定した色表現が可能です。

輪転式転写機 2台

フラットベット転写機 超大型1台  中ベット1台 小プレス機 1台

超大型1250×2500mm×2面 フラットベットプレス機
タイルカーペットや板物など輪転式では転写出来ない物も対応可能です。
仕立品など成形品に後から転写加工もできます。
転写加工以外にも、プレス加工やボンディグ加工なども行います。

フラットベット転写機 超大型1台  中ベット1台 小プレス機 1台

自動ヒートカット機

自動ヒートカット機導入 センサー検知にて精度が高くきれいなヒートカットが行えます。

自動ヒートカット機
お問い合わせ資料請求
各種資料ダウンロード
ページトップ